RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
異国情緒
「オリンダのリストランテ」
アルゼンチンの映画です。



日本人にとって英語の響きは耳慣れていますが、スペイン語は普段あまり聞こえてきませんので、この映画では良い意味での違和感が心地よいです。
意味は全く分かりませんが、スペイン語の巻き舌を多用した独特の発音が好きで、スペイン語圏出身のミュージシャンに心奪われたりもしています。

外国の映画を観ることの魅力の一つには、ヴァーチャルトリップとでもいえるもしかして一生行くことのないかもしれない国の住人や、旅行者の気持ちになって自分を投影出来ることがあるのだと思います。

この映画の登場人物にとって、アルゼンチンは母国ではありません。
首都ブエノスアイレスで小さなレストランを経営するイタリア系移民オリンダと、ドイツからの旅行者ペーターとの心の交流を、彼らを取り巻く人々とのそれぞれの人間関係を交えながらストーリー展開していきます。

地味でありながら美しく彩られた映像と、日本人が表現するのとは種類の違った優しさの表現にほくそ笑みながら幸せな2時間を過ごせました。
料理好きにとってはキッチンのシーンも興味深かったです。

地球の真裏の国で作られた素晴らしい雰囲気の映画でした。
author:灸者, category:映画, 11:03
comments(0), trackbacks(0), pookmark
化身
現在公開中の映画「アバター」を観てきました。



そこそこの期待はしていたのですが、実際観てかなり驚きました。
今年のマイ映画ランキング堂々1位です。って、1本目ですけど(笑)。
(ちなみに去年の1位は「スラム・ドッグ〜ミリオネア」でした)

本当に映像が美しくて素晴らしかったです。
キャラクターとかテレビのCMなんかで正直ちょっとキモいかもなんて思っていましたが、観ていくにつれ美しく見えてくるから不思議です。
あと空を飛ぶシーンなどの臨場感は圧巻でした。

本当は立体映画なのですが混んでいて入れず、非立体の方をみてきたのですがかなり疲れました。いい意味ですけど。
それほど息もつかせない凄いシーンの連続なのです。
これが立体画像だったらと思うと鳥肌が立ちます。
次は体力の充実しているときに立体のを観てきたいと思います。

内容はネタバレになるといけませんので書きませんが、いろいろな見方が楽しめると思います。
私は仕事柄もあって、東洋的VS西洋的な対比にも感じられましたね。

3時間という長編作品ですが、中だるみ無くあっという間に終わってしまった印象でした。
好みの問題かもしれませんが、キャメロン監督の前作「タイタニック」よりもこちらがはるかに素晴らしいと感じました。(ジャンルが違いすぎるので比べるのも無理がありますけど)

お勧めします!




いつも見てくださってありがとうございます。
ブログランキング参加しています。
下のバナー(青い字で鍼灸というボタン)、ポチっとクリックして下さるととてもうれしいです。
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へにほんブログ村
author:灸者, category:映画, 21:06
comments(0), trackbacks(0), pookmark
境遇
やっぱり隣の芝は青く見えるようです。

患者さんと話していても、太ってる人は痩せたいって言うし、じゃあ痩せている人は満足してるかっていうと、貧相でみっともないので一度でいいから太ってみたいって言うのです。
無い物ねだりってやつはやっぱり誰にでもありますよね。

でも結局人間の欲望なんてキリがないみたいです。
井上陽水の歌にも「限りない欲望」ってありますしね。
お釈迦さまも、「たとえお金を雨のように天から降らせても人々の欲望を満足させることは出来ない」と仰ってます。




「カラー・パープル」
スピルバーグ監督の初期の作品です。

暴力や虐待、差別がまかり通るアメリカ開拓時代の黒人女性の生きざまを描いた作品です。
これを観ると、人間って本当に強いんだなと思います。
大変な境遇ですが、あまり暗くなくときには笑いも織り交ぜながら描いてあります。
ハッピーエンドですし本当にいい映画でした。

現代の我々の悩みなど実はちっぽけなものなんだと気付くのに、よい作品かもしれません。



いつも見てくださってありがとうございます。
ブログランキング参加しています。
下のバナー(青い字で鍼灸というボタン)、ポチっとクリックして下さるととてもうれしいです。
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へにほんブログ村

author:灸者, category:映画, 16:57
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原色の美


久しぶりの映画紹介です。
「ナイロビの蜂」。
実は観るの二度目なんです。
3年ほど前にいい映画だなと思った記憶がありました。
じゃあ最近の映画づいてる眼でもう一回観てみようかなと思いまして、レンタルしてきました。

いやあ、すんばらしいです!
テーマは重い部分もあるのですが、俳優陣、ストーリーともかなり魅力的です。
音楽のアフリカの土着的・民族的な感じも、魂の中の遠い記憶に訴えかけるような不思議な力を醸し出していました。

しかし、なんといっても圧巻なのは、アフリカの景色、町の彩り、人々の衣装から発せられる色、色、色。
とても美しい映像を、抜群のカメラワークで捉えて魅せてくれます。

いろんな切り口から楽しめました。
全く退屈することなく引き込まれました。

テーマは正義感と愛です。



いつも見てくださってありがとうございます。
ブログランキング参加しています。
下のバナー(青い字で鍼灸というボタン)、ポチっとクリックして下さるととてもうれしいです。
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へにほんブログ村
author:灸者, category:映画, 18:54
comments(0), trackbacks(0), pookmark
始めるのに遅すぎることなんかない!


年金暮らしの主人公マンローが、63歳にして愛車インディアン号でライダーの聖地、アメリカ・ユタ州のボンヌヴィル塩平原で行われる大会で世界記録に挑戦するストーリーです。
1967年バート・マンローが打ち立て、いまだ40年以上破られていない「1000cc以下のオートバイ陸上速度記録―300キロ」。その実話を基に作成された映画です。

主演は、映画「ハンニバル」や「羊たちの沈黙」でレクター博士の猟奇的な役の印象が強いアンソニー・ホプキンスですが、とても愛らしくて誰からも愛される好々爺を自然に演じていて驚きました。
清々しい感動ストーリーだけでなく、ホントによく出来た素晴らしい映画でした。
60代にして夢を実現するなんて、まだまだ私も人生これからだなんて思っちゃいます。

私が師匠と仰いでる先生も、50代になってから鍼灸の道に進まれた方です。
30代にて私が鍼灸学校に進学した時もとても勇気付けられましたし、本当にいろんなことを教えていただきました。
治療方法などいろいろ教えていただいたのははもちろんなのですが、それ以外でもたくさんのことを学ばせて頂きました。
人間性が慈悲にあふれていて、本当に「こんなお爺さんになりたい」って初めて思わせてくれた方かもしれません。

私もまだまだ若輩者として、日々精進していきたいと思います。



いつも見てくださってありがとうございます。
ブログランキング参加しています。
下のバナー(青い字で鍼灸というボタン)、ポチっとクリックして下さるととてもうれしいです。
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へにほんブログ村



author:灸者, category:映画, 16:50
comments(0), trackbacks(0), pookmark
遅効性
台風でヒマが出来たので観た一本。

クリント・イーストウッド監督作「ミリオンダラー・ベイビー」。

ミリオンダラー


今年に入って、今までにないくらい映画観てます。
その中でもクリントさんの監督作、「チェンジリング」と「グラン・トリノ」は揺さぶられる映画でした。

これも例に洩れず、ジワジワ効いてきます。

あらすじは書きませんが、勝手に想像していたサクセスストーリ的なものではなくて、深くて妙に考えさせられる作品です。
この人は人間の内面の信念や葛藤をえぐり出して映像化する能力が、非常に長けているんだと思います。
書いてるうちにあれこれ言いたくなくなってきました。

興味があれば観て下さい。



いつも見てくださってありがとうございます。
ブログランキング参加しています。
下のバナー(青い字で鍼灸というボタン)、ポチっとクリックして下さるととてもうれしいです。
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へにほんブログ村

author:灸者, category:映画, 18:37
comments(0), trackbacks(0), pookmark
寿命
日本人の平均寿命。
2008年のデータで、女性86歳、男性79歳で世界一です。
凄いですね。

しかし、平均寿命について間違った解釈は多々見受けられます。
どういうことかというと、例えば「江戸時代は平均寿命が50歳だった」なんて聞くと、どう感じますか?
現代よりも老けこむのが早く、50歳くらいになると80代のお年寄りのような風貌になって死んでしまう?
それとも、みんな45歳から55歳くらいでぱったり死んでしまう?

ぜんぜん違うんです。

例えば、平均寿命のワースト国ランキング。
.椒張錺福 35.0
▲譽愁函   35.2
ジンバブエ 37.3
ぅ競鵐咼◆ 38.4
ッ羆アフリカ 39.4
(『世界なるほど知図帳2008』より)

日本の半分以下ですが、これらの国に老人がいないかというと、たくさんいます。
日本も江戸時代などは、当然お年寄りはちゃんといました。

この平均寿命とはいわゆる「天寿」ではなく、死因にかかわらず生まれてから死ぬまでの時間の平均です。
これは新生児の生存率と大きな関係があります。
江戸時代は小児医学が発達していなかったため、生まれてすぐに死んでしまう子供の数が多かったのです。
この0歳で死んだ子供も数に含めて平均寿命を出すため、0歳で死んだ子供と100歳まで生きたお年寄りの平均寿命は50歳という事になってしまいます。
0歳で死ぬ子供の数が多ければ、長寿老人が沢山いても平均寿命は短くなります。現代人の平均寿命が長くなったのは、昔なら死んでいた未熟児や障害児まで育てられるようになったためで、いわゆる寿命が飛躍的に伸びた訳ではないのです。

実際、江戸時代には現代人の平均寿命を大きく上回る元気な長寿老人がたくさんいたそうです。

葛飾北斎は90歳で亡くなるまで現役の浮世絵師でしたし、「解体新書」の杉田玄白は、75歳で隠居するまで現役の医師だったそうです。
また、日本地図を作った伊能忠敬が最初に測量を始めたのは、当時の平均寿命を上回る56歳になってからで、72歳まで全国を歩き回って日本地図を完成させています。

上の寿命ワースト国も、情勢の不安定な国ばかりですよね。医療体制が機能してなかったり、戦争やテロに巻き込まれて命を落とす子供も多いのでしょう。

これらをかんがみて平均寿命の長さは、日本が今現在豊かで平和であることの証明ともいえます。
有難さを再認識するべきなのでしょう。


寿命がテーマの映画「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」。
老人として生まれ、だんだん若返っていきます。
やはり、限りある命を考えさせられました。
面白かったです。

↓ベンジャミン・バトン 数奇な人生 予告編動画。
パソコンからご覧の方は下の画面をクリックしてください(携帯からは画面は見えないようです)。


↓携帯の方はこちら。
ベンジャミン・バトン 数奇な人生 予告編(携帯専用)←ここをクリック後、次ページの「動画を見る」をクリックしてください。

いつも見てくださってありがとうございます。
ブログランキング参加しています。
下のバナー(青い字で鍼灸というボタン)、ポチっとクリックして下さるととてもうれしいです。
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へにほんブログ村
author:灸者, category:映画, 17:09
comments(0), trackbacks(0), pookmark
先駆者
自由の国といわれるアメリカでも、最近まで不自由な暗黒の時代がありました。
黒人に対する人種差別が有名ですが、こちらは同性愛者のお話。

映画ミルク画像

今年見た映画のマイランキングのトップ5のひとつです。

ゲイである事をカミングアウトしながら選挙で選ばれた公職者、ハーヴィー・ミルクの半生を描いた作品です。
彼の功績によって、アメリカの人権問題は飛躍的に前進しました。
ほぼノンフィクションみたいですが、本当に内容の濃い8年間のストーリーです。
中傷や迫害を受けながら、同性愛者以外の人々の心も掴んでいきます。

ハーヴィー・ミルクを演じたショーン・ペンの演技力に脱帽。
まるで本物のゲイの方のようです。
表情やしぐさや、雰囲気までも全てにおいて完璧に演じ切ってます。

鍼灸治療という、医学界のマイノリティーな業界に身を置いている者として、非常に勇気付けられる素晴らしい映画でした。
新潟でも鍼灸メジャー化運動しないと・・・ですね。

お勧め映画です!!



いつも見てくださってありがとうございます。
ブログランキング参加しています。
下のバナー(青い字で鍼灸というボタン)、ポチっとクリックして下さるととてもうれしいです。
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へにほんブログ村
author:灸者, category:映画, 16:56
comments(0), trackbacks(0), pookmark